正しい洗顔方法

ニキビケアの基本とも呼べる洗顔ですが、意外と間違った洗顔をされている方は多いです。1日に何度も洗顔をしたり、手の摩擦で顔を洗う行為なんかは間違った洗顔法の代表例になります。

正しい洗顔を実践すれば、にきびの発生原因である毛穴詰まりを防ぐことができるので、この記事を参考に是非実践して頂ければなと思います。

 

洗顔の基礎知識

洗顔の基礎知識

 

洗顔の回数は1日2回

洗顔の回数

洗顔というと「すればするほど良い」というイメージをお持ちかもしれませんが、実はそうではありません。

洗顔のしすぎは肌に必要な分の皮脂や、セラミド(肌のバリア機能の成分)まで洗い流してしまいます。その結果、肌のバリア機能が低下して毛穴が詰まりやすくなり、にきびができやすくなってしまうのです。

手も洗いすぎると手荒れの原因になりますよね。顔も同じなので、洗いすぎないようにご注意下さい。洗顔回数の基本は、朝と夜の合計2回です。

 

ぬるま湯で洗う

ぬるま湯洗顔は必ず「ぬるま湯」で行って下さい。具体的な温度で言えば「32度前後」になります。この温度は、冷たくも熱くもなく「ちょっと温かい」と感じるくらいの温度です。

冷水で洗うと、皮脂が溶けにくく十分な洗顔ができませんし、逆にお湯で洗えば必要以上に皮脂を落とし過ぎて乾燥肌の原因になります。また、顔の肌は弱いので低温火傷で顔が赤くなることもあります。

ぬるま湯で洗えば、肌に負担をかけずに丁度良く皮脂を落とせます。

 

洗顔料を使うのは夜だけでいい

水洗顔朝は洗顔料を使わずに「ぬるま湯」だけで洗顔して下さい。というのも、朝は肌に必要な分の皮脂だけしか出ていない状態なので、洗顔料を使うほどの洗浄力は必要ありません。朝に洗顔料を使うと、肌に必要な皮脂まで落としてしまう可能性があります。

汚れが落ちにくいイメージがあるかもしれませんが、ぬるま湯だけの洗顔でも簡単な汚れは落ちるので、朝は水だけの洗顔で構いません。

 

洗顔料を使うときは「泡」で洗う

泡手の摩擦でゴシゴシと洗ってはいけません。顔の皮膚は薄くデリケートなので、力まかせに洗うと皮下組織にダメージを与える可能性があります。

ゴシゴシしないと綺麗にならないようなイメージがあるかもしれませんが、キメ細かい泡には汚れを吸着する力があるので、泡でやさしく洗っただけでも汚れは落ちます。化粧品会社のドモホルンリンクルもCMでやってましたね。「手で洗わないで下さい。泡で洗って下さい」って。

手で泡を作るのは難しいので「泡立てネット」を使うことをオススメいたします。泡立てネットを使えば、誰でも簡単にキメの細かい泡を作ることができます。私は評判の良い無印良品の泡立てネットを使ってます。よろしければ今度足を運んでみて下さい。120円で買えます。

 

 

洗顔の手順

洗顔の手順

 

ステップ1 泡づくり編

キメの細かい泡まずは髪がかからないようにヘアバンドを付けて、石鹸で手を洗います。最初に手を洗う理由は指の雑菌を落とすため。人間の指は、目には見えない雑菌だらけなので清潔にしておきます。

次に、ぬるま湯(32度前後)で顔を濡らして、洗顔料を使って「泡」を作ります。上記の基礎知識編でお伝えしたように「泡立てネット」でキメの細かい泡を作りましょう。

[ip5_coloredbox color=”colored-box–blue” width=”100%”]関連記事 にきびを触るとヤバイ!手には雑菌がいっぱい[/ip5_coloredbox]

 

ステップ2 洗顔編

泡で洗う泡で顔を包み込むように、顔全体に泡をつけていきます。なるべく肌に指が当たらないように、泡の摩擦だけで洗顔していきましょう。ポイントは、薬指で小さな円をクルクルと描くようにして洗うこと。力が入りにくいので優しく洗うことができます。

洗う順番としては皮脂が多い「おでこ」と「鼻」から始めて、30秒くらいを時間の目安にして下さい。あまり長く洗いすぎると肌に負担がかかりますし、必要以上に皮脂を落としてしまう可能性があります。

 

ステップ3 すすぎ編

すすぎ残しに注意ぬるま湯で泡を流していきますが「すすぎ残し」がないように徹底して下さい。洗顔料が肌に残ると、毛穴がつまってニキビの原因になります。20回、30回と洗って頂いて構いませんので、泡が残らないようにしましょう。ちなみに、すすぎ残しの多い部位は「髪の生え際」「耳周り」「あごの下」になります。

洗い終えたらタオルでそっと水を拭き取ります。ここでのポイントは「タオルでゴシゴシしないこと」と「清潔なタオルを使うこと」の2点です。1度使ったタオルは雑菌が繁殖しているので、必ず洗濯後に1度も利用していない清潔なタオルを使って下さい。

 

ステップ4 スキンケア編

スキンケア洗顔後は速やかに化粧水や美容液で保湿を行って下さい。毛穴が開いている状態なので、保湿成分が浸透しやすくなってます。洗顔後は皮脂が少なく、あっという間に乾燥してしまいます。ですので、1秒でも早いスキンケアを心掛けて下さい。

 

 

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

正しい洗顔法を実践すれば確実にニキビ対策になりますが、間違った洗顔法は逆にニキビを生み出す原因にもなります。力まかせに洗っていないか、すすぎ残しがないかどうかなどを注意して頂ければなと思います。

また、ヘアバンドなどの道具がでてきましたが、こちらのページで解説している情報は、女性だけでなく男性にも共通する情報になります。男性の方でもヘアバンドやスキンケアは必ず行って下さいね。