にきびを潰すときに絶対に知っておきたいこと

にきびを見つけたら潰したくなる方は多いと思います。特に膿がたまってる「黄にきび」は見栄えが悪いので潰したくなりますよね。

しかし、何の知識も持たずに潰すのは非常に危険です。間違った方法で潰すとニキビが悪化したり、ニキビ跡になりやすくなるので、この記事を読んで正しい対処方法をマスターして頂きたいと思います。

 

 

そもそもニキビって潰した方がいいの?

そもそも潰していいのか

実は専門家でも意見の別れるテーマです。

上手く潰すことができれば早く治りますが、失敗(必要以上に刺激を与えたり、雑菌が付着したり)すると炎症が悪化する可能性があります。にきびができた以上は潰しても潰さなくてもリスクが伴います。

ただ、個人的には潰すことをオススメ致します。

実際に皮膚科では「面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)」というニキビを潰す治療を取り入れているところもあり、私自身何度もやって頂きました。体感的には潰したほうが治りが早く、跡も残りにくいです。

 

面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)とは、ニキビの中に溜まっている角質や皮脂や膿などを、専用の器具を使って押し出す治療法のことです。

 

 

 

正しいにきびの潰し方

にきびを潰す治療(面皰圧出)は自分でもできますが、いくつか押さえておきたいポイントがあります。これを実践して頂くと綺麗に治せる確率が高まるので、是非参考になさって下さい。

 

黄にきびまず、潰しても良い種類は「黄にきび」になります。黄にきびとはコチラの写真のように化膿している状態のもの。膿をそのままにしておくと「にきび跡」になりやすいので、出したほうが治りはよくなります。ちなみに膿の正体は、繁殖したアクネ菌と戦ってくれた白血球の残骸です。

 

 

それでは正しい潰し方についてですが、針と消毒液(マキロン)を用意して以下の手順に従って膿を押し出して下さい。 

  1. 石鹸で手を洗う
  2. 針を消毒する(火であぶる or 沸騰した湯につける)
  3. 患部に軽く針を刺して膿を出す穴を作る
  4. 両手の指の腹で軽く押して膿を出す
  5. マキロンなどの消毒液を患部につける

 

手を洗わなかったり爪で押し出す人が多いと思いますが、人間の指先は雑菌だらけです。肉眼では見えないのでイメージが湧きにくいと思いますが、トイレの便座の何倍も汚いとお考え下さい。

めんどくさいからと言って手洗いや消毒を省いたりせず、安全に早く治すためにも必ず上記の手順通りに実践して頂ければなと思います。

[ip5_coloredbox color=”colored-box–blue” width=”100%”]関連記事にきびを触るときは注意!手の雑菌はこれほどヤバい[/ip5_coloredbox]

 

 

化膿してるニキビ以外は潰したらダメ?

上記は化膿した場合の潰し方になりますが、可能する前の段階ではどうなのか。結論からお伝えすると、以下の化膿していないニキビ(白、黒、赤)は潰さないほうが無難です。

にきびの種類について

皮膚科の治療では「白にきび」と「黒にきび」も潰すことがありますが、自分でやる分には難易度が高めです。膿がたまった「黄にきび」と違って、強い圧力をかけないと芯(詰まった皮脂)を出すことができない場合が多く、内部組織を傷つけてしまいやすいのです。

また、芯を出した後の毛穴は大きく開くので、新しい皮脂や汚れが溜まりやすい状態になります。冷水で毛穴を引き締めたりと「毛穴の保湿ケア」が必要になるので、押さえるべきポイントが多いです。

 

「白にきび」と「黒にきび」は初期段階になるので、下手に触って悪化させるリスクを取るくらいなら「洗顔」で改善したほうが利口です。

 

残りの「赤にきび」についてですが、こちらは絶対に触ったり潰したりしてはいけません。にきびの原因となる細菌(アクネ菌)と白血球が激戦を繰り広げている最中で、このときは外的刺激に非常に敏感な状態です。ここで強い刺激を与えると確実に悪化します。

と、いうことで、膿が溜まった状態のニキビ以外は潰さないようにして頂ければなと思います。